例えば、株式を購入する場合、その会社によって1株から購入出来る株もありますが、一般的には100株や1000株が1つの単位として購入出来る最低売買単位となっています。その為、1株の値段が100円であっても売買単位が100株であれば、10000円の投資金額が必要になると言う訳ですね。日経225も同じで、取引を行う為の売買単位と言うものがあります。それが、「日経平均株価×1000倍」です。つまり、現在の日経平均株価が8000円であれば、8000円×1000倍で8000000円が最低売買単位となります。ちなみに、実際には日経225取引は証拠金取引ですので、それだけの投資金額を用意する必要はありません。以上の事から、例えば、日経平均株価が100円動いたとしたら、日経225では100000円もの金額が動く事となるのです。ただ、日経225取引には売買の際に手数料と言うものが発生しますので、もし利益が出たとしてもそのまま全てが収入となる訳ではありません。最低でも、新規注文と決済の2回は手数料を支払う計算になります。そこで登場するのが、手数料を無料としている証券会社の存在です。このような証券会社は、新規に口座を開設した場合に決められた期間に限り無料としているようです。また、最安値となっている証券会社の手数料は280円となっています。手数料の事を頭にきちんと入れて計算しておかないと、せっかくの利益が全て手数料で無くなってしまうかもしれませんよー